【福岡】振袖・着物レンタルしたい、成人式を迎えるという方必見!おすすめの振袖・着物レンタル業者を厳選紹介しています!

振袖レンタル費用の目安とは?料金が高くなる場合に考えられる理由についても解説

公開日:2022/04/15  最終更新日:2022/05/10


振袖は、購入するよりもレンタルするほうが安いといわれていますが、実際にかかる費用はどのくらいになるのでしょうか。だいたいの目安を頭に入れておけば、レンタル店を比較する際の基準にもなります。また、振袖をレンタルする料金の幅はどこからきているのでしょうか。合わせて解説しているため、参考にしてください。

振袖をレンタルする際にかかる費用の目安

振袖レンタルの料金の目安は、5万円〜30万円と考えておくとよいでしょう。高いと思われるかもしれませんが、振袖のみの料金ではなく、必要なものがセットになっている場合がほとんどです。帯、帯揚げ、帯締め、長襦袢、足袋など、着付けに必要なもの、草履、バッグなどの小物がセットとなっています。

また、着付けやヘアメイク、記念撮影がセットに含まれるレンタル店もありますので、セットの料金に含まれる範囲を、あらかじめ確認しておきましょう。

振袖のレンタル費用が高額になるケース

振袖レンタル料金の目安は5万円〜30万円と、かなりの幅があります。それは、品質の違いによる幅です。どのような場合に高額となるのかを理解しておくと、料金の幅の大きさにも納得できるでしょう。

■生地の違い

振袖に使われる生地は、大きく分けて絹100%の正絹、ポリエステルといわれる化学繊維の2種類です。正絹を使っている振袖は高級で、レンタルの場合も費用が高くなります。絹ならではの光沢が、色合いや柄をより引き立たせます。からだを包み込むような重みがあり、通気性、保湿性に優れているため、着心地がよいのが特徴です。また、正絹の振袖は着くずれしにくいともいわれています。

一方、ポリエステルでできた振袖は、比較的手頃な価格でレンタルできます。正絹に比べ生地が薄く、軽い着心地です。そのため、場合によっては安っぽく見えてしまう可能性もあるでしょう。一般的に、フォーマルな席では正絹の振袖を選ぶほうがよいとされています。振袖を着るシーンを考えた上で、選ぶようにしましょう。

■手法による違い

手染めされており、刺繍や絞りも熟練の職人によって手作業で行われている振袖は、手がかけられている分、高価になります。振袖は、色や柄にも意味が込められていることもあり、手作業による細工で、より重みが増したものとなります。安価な振袖は、染めや刺繍などは機械によってなされている場合がほとんどです。

インクジェットプリンターでプリントされたものも多くなってきています。ポリエステルの着物も、機械による細工が行われていると考えてよいでしょう。

■ブランド、作家による違い

洋服と同じように、振袖もブランドによる付加価値があります。歴史ある老舗ブランドの振袖は、新しくできたブランドのものより高価です。また、作家によっても価格の差が大きく出ます。有名作家が手がけた振袖はかなりの高額になります。

振袖をレンタルする際の注意点

振袖をレンタルする際、注意したいポイントがいくつかあります。間際になって慌てないよう、きちんと確認しておきましょう。

■セットの内容

レンタル料金に含まれるものを細かく確認しましょう。振袖のほか、帯、帯揚げ、長襦袢にはじまり、着物の着付けには細かいものが必要となります。必要な小物がすべてセットに含まれているのか、自身で用意しなくてはならないものがあるのか、必ず聞いておきましょう。

また、草履、バッグなどの小物もすべてセットになっているかの確認も必要です。着付けやヘアメイクは、セット価格に含まれている、追加料金でセットにできるなど、レンタル店によってシステムが違うので、把握しておきましょう。

■キャンセル料の規定

やむを得ずキャンセルしなくてはならなくなった場合、何日前からキャンセル料が発生するのか、正確に把握しておきましょう。また、キャンセル料が発生する場合、その金額、支払いのタイミングなどもきちんと確認しておくことが大切です。

■クリーニングについて

ほとんどのレンタル店は通常のクリーニング代がセットになっています。しかし、シミをつけてしまった場合など、特殊な対応については、事前に確認しておきましょう。

自分では気をつけていても、成人式や結婚式など、多くの人が集まるシーンでは、何が起こるかわからないものです。クリーニングサービスの内容については、店舗ごとに違いがあるので、必ず確認しておくことをおすすめします。

■信頼度を見極める

契約をする以前の注意点になりますが、信頼できるレンタル店かどうかを見極めることも大切です。サービス内容を確認するとともに、店舗に出向いた際に、気持ちよく対応してもらえたかどうかも、判断する基準になります。

また、店舗のスタッフが、振袖についての知識が豊富で、適切なアドバイスを受けることができたか、きちんと質問に答えてくれたか、なども信頼度を見極める上で重要です。

一般的には、洋服と違って振袖についての知識があまりない場合がほとんどです。レンタル店でのアドバイスが必要となることも多くなるので、知識豊富なスタッフが在籍しているレンタル店を選ぶとよいでしょう。

 

振袖は、袖を通すと晴々しい気持ちになり、周りにも華やかさがあふれるものです。しかし、購入するととても高額になってしまいます。レンタルであれば、購入する価格よりも安く振袖を着ることができるのでおすすめです。信頼できるレンタル店で、シーンに合った振袖を選ぶことで、すてきな思い出となる時間を過ごせるでしょう。

【福岡】振袖レンタル業者ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名キモノハーツ福岡きものやまと山田屋ふりそでアートにしむら
(きもの処にしむら)
きものKAGUYA
(田中屋)
特徴オリジナルの振袖や小物が豊富で、自分だけのコーディネートが叶うレンタルでも新品の振袖が着られる取り扱う振袖はすべて最高級品の「正絹」「日本きものシステム協同組合(JKS)」加盟店経済産業省の認可を受けている、数少ない企業
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧