【福岡】成人式で振袖・着物を着たい、レンタルをしたい方必見!口コミでも評判のレンタル業者を厳選しました!

【既婚者】でも成人式で振袖を着たい!留袖じゃなくてもいい?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/13

振袖といえば一般的に未婚の女性が着るものですが、中にはすでに結婚している人もいます。既婚者の場合、留袖やスーツを選ぶ人もいます。結婚式などのパーティーでは、実際に既婚者で振袖を着ている人はいないといっても過言ではありません。一方、成人式のようなお祝いの特別な行事となると事情が少々ことなってきます。

そもそも振袖とはどのような着物のことなのか

振袖は、留袖など他の着物に比べると袖が長いのが特徴です。卒業式や成人式、結婚式や結納などの改まった場で未婚の女性が着用する着物です。一言で振袖といっても実は3パターンあり、それぞれ袖の長さが異なります。

一般的に成人式などで見かけるタイプは「中振袖」と呼ばれるものです。これより少し袖が短い「小振袖」と、長い「大振袖」があるのですが、小中大の順に格式が高くなります。正式な場では、行事の格式などによってタイプを変えていくのがマナーです。

近年では未婚の女性が着るものですが、江戸時代より前は若い女性だけでなく元服前の男性も着用していました。袖が長い分、生地をふんだんに使う振袖は裕福さの象徴でした。華やかな雰囲気だったため、その後は徐々に踊り子の間でも着用されるようになります。

1700年代頃になると、振袖は若い女性に限定した華やかな装いとして捉えられるようになりました。その後、未婚女性の第一礼装として現代に受け継がれています。長い歴史の中でも、未婚の女性が着る着物と考えるのが一般的です。

実際に、結婚式やパーティーでは既婚者が着ているということは殆どありません。絶対に着用してはならないというわけではありませんが、周囲に未婚であると勘違いさせてしまう可能性もあるので注意が必要です。

どうしても着用したい時は、周囲の人に理由を告げておいた方が安心です。とはいえ、通常は結婚式やパーティーで既婚女性が着用することはマナー違反になります。このマナーは全国共通で、福岡でも東京でも同じです。

既婚者がおめでたい場所で着るべきものは

既婚者の場合は、一般的に振袖ではなく留袖と呼ばれる袖が短いタイプの着物を着用します。袖を短く留めることで、若く独身だった時代と一区切りつけた形になります。最も格式が高いと言われているのは黒留袖で、無地のちりめん生地に紋付というシンプルなデザインのものです。

次に格式が高いのが色留袖で、黒以外の鮮やかかつ華やかな色と柄が特徴となっています。黒留袖は既婚者限定ですが、色留袖は未婚でも成人した女性であれば誰でも着用することができます。黒留袖より少しラフに着用できるのは、訪問着で観劇やお宮参りなど様々な場面で着用できる着物です。

元は黒留袖より使いやすい着物が必要という考えから生まれた着物で、やわらかな色使いが特徴になっています。色無地は一見シンプルですが、訪問着よりも格があがります。黒以外の色の一色で染めされた着物で、お茶会や琴などの伝統的な習い事に着用することが多いです。紋を入る数によって、紋なしの訪問着よりも格があがるのも特徴です。

色留袖と同じように、色無地も結婚の有無は関係なく着用できる着物です。既婚者が結婚式や成人式のような場所に着ていくのであれば、色留袖や紋付の色無地となるでしょう。

ただし、成人式の場合は結婚式などに比べてより華やかで一生に一度のお祝い事であるため少々事情が変わってきます。パーティーなどで振袖を選択するのはマナー違反ですが、成人式に限っては振袖を着ても問題ないと考える人が多いです。

既婚者がどうしても振袖を着たいのなら

福岡のような大きな街で行われる成人式には、多くの成人女性が集まります。当然、既婚者として参加する人も少なくありません。留袖を選ぶ人もいますが、華やかな成人式ですから振袖を選ぶ既婚者も多いです。

もし、既婚者で着用したいと考えているのなら振袖レンタルの利用をお勧めします。未婚の方なら、購入した振袖を結婚式のお呼ばれや大学の卒業式で着用することも可能でしょう。しかし、既婚者の場合は他のお祝いの場所に着ることはマナー違反と言われています。

どんなに気に入った振袖でも、成人式以降で着る機会はないといっても過言ではありません。どうしても着物が欲しいのなら、その後も利用できる留袖を購入した方が良いです。福岡には振袖レンタルの店が沢山あるため、利用している女性も少なくありません。

振袖レンタルなら、その時の流行の色や柄も揃っているというメリットがあります。購入するより費用が抑えられるので、節約できた分で留袖を購入するというのもありです。振袖レンタルであれば、多少派手なデザインを選んでも心配ありません。

その後の結婚式や卒業式で利用するとなると、数年後も着用できるデザインを考える必要があります。一方、レンタルで成人式の日だけの利用なら派手な色や柄など多少デザインで遊んでも問題ありません。色々な面から考えて、既婚者の方には振袖レンタルがお勧めです。

 

既婚者の女性は、振袖ではなく留袖を着用するのが一般的です。しかし、一生に一度の成人式という場に限っては振袖を着ることが許されるといっても過言ではありません。ただ、成人式の後は着用することが殆どできないので購入ではなく振袖レンタルをお勧めします。

【福岡】振袖レンタル業者ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名キモノハーツきものやまと山田屋ふりそでアートにしむら
(きもの処にしむら)
きものKAGUYA
(田中屋)
特徴オリジナルの振袖や小物が豊富で、自分だけのコーディネートが叶うレンタルでも新品の振袖が着られる取り扱う振袖はすべて最高級品の「正絹」「日本きものシステム協同組合(JKS)」加盟店経済産業省の認可を受けている、数少ない企業
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧