【福岡】振袖・着物レンタルしたい、成人式を迎えるという方必見!おすすめの振袖・着物レンタル業者を厳選紹介しています!

一気にハイカラな印象に!振袖にブーツを合わせる際に注意するべきポイント

公開日:2022/02/15  最終更新日:2022/03/30


振袖を着る時は、足元から頭までどのようなコーディネートにしようか悩みますね。同じ振袖姿でも、どのような小物を組み合わせるのかによって印象が変わります。この記事では、振袖にブーツを合わせるというコーディネートについて注意点などをまとめておきます。振袖×ブーツの組み合わせが気になっている人は必見です。

振袖×ブーツの組み合わせはいつ頃できた?

振袖とブーツの組み合わせは、いつ頃からあったのでしょうか。振袖×ブーツの組み合わせの歴史は意外と古く、明治時代や大正時代からあったとされています。着物が普段着として取り入れられるようになった文明開化以降、ブーツと組み合わせるという着こなし方が誕生しました。

この組み合わせは、女学生が行っていたもので、ハイカラで若々しい学生のイメージとして定着しました。これが現在にも残っていて、卒業式の振袖姿では、足元にブーツを合わせる学生もいるのです。特に昔のように着物が普段着となっていないので、昔ならではの着こなし方に憧れる人も多いのではないでしょうか。

ブーツと草履それぞれのメリット・デメリット

振袖を着る時は、草履を合わせるという人もいます。草履とブーツどちらにしようか悩んでいるという方のために、それぞれのメリットとデメリットについてまとめておきます。

ブーツを履くメリット

ブーツを履くメリットは、足元を暖かくすることができる、身長を高く見せることができる、個性を出せるというようなことが挙げられます。ブーツは、足首までありますので着用すれば足元を温めることができます。冷えやすい人はブーツを履くと良いでしょう。

ブーツを履くことで、身長を高く見せることもできます。草履も底上げされているデザインはありますが、ブーツのほうがより厚底のものが多いので、身長を高く見せたい方や小柄な方に人気です。ブーツで身長が高く見えると、全体のバランスも良くなるのです。振袖を着る際は、ブーツ派よりも草履派が多いとされています。

そのため、ブーツを履くとなると勇気がいるかもしれません。しかし、人とかぶりたくない、よりオシャレに見せたい、自分らしさを出したいという場合は、ブーツを選ぶことがあります。ブーツは種類も豊富なので、どれを選ぶのかによって、さらに個性が出せると言えるでしょう。

草履を履くメリット

振袖の時に草履を履くメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。まず、履きやすさと脱ぎやすさがあります。

そしてフォーマルな印象でどのような場面でも合うということ、落ち着いた雰囲気になるというようなことが挙げられます。

ブーツの場合、足首まで長さがあるので脱ぎ履きしにくいです。草履は、かがみこむこともなく脱ぎ履きできるので、脱いだり履いたりしなければならないことが多いなら、草履のほうが楽でしょう。

また、フォーマルな組み合わせなので、どのような場でも受け入れてもらいやすいです。ブーツは可愛らしい雰囲気がありますが、草履は落ち着いた印象になります。大人っぽい雰囲気にしたいという場合は、草履を選ぶのが良いでしょう。

ブーツを履くデメリット

ブーツを履くデメリットは、成人式ではあまりおすすめできないという点や、脱ぎ履きが大変という点です。成人式は式典なので、フォーマルな場です。そのため草履を組み合わせるのが一般的と言えます。また、ブーツは脱ぎ履きが大変なので、混雑している場所で脱ぎ履きしなければならない場合、周りに迷惑をかけてしまうこともあり、注意が必要です。

草履を履くデメリット

草履を履くデメリットは、個性が出せないという点や、足元が寒いという点です。おしゃれに見せたい場合は、組み合わせる草履を慎重に選びたいですね。また、ブーツと違って丈が無いので、足元がやや寒く感じるかもしれません。

振袖にブーツを合わせる際に注意するべきポイント

振袖にブーツを組み合わせたいという場合、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。注意しておきたいポイントについてまとめておきます。

できるだけ脱ぎやすいものを選ぶ

ブーツは、できるだけ脱ぎ履きしやすいようにしておくことをおすすめします。ファスナーのブーツは脱ぎ履きが大変なので、ファスナータイプではなく、少し指を入れて動かすと脱ぎ履きできるようなものを選ぶのが良いでしょう。

ブーツの丈の長さは脚が見えないように選ぶ

ブーツを組み合わせる場合は、振袖から脚が見えない丈のブーツを選ぶようにして下さい。振袖は足元まであるので、ショートブーツでも良いのでは?と思われるかもしれませんが、動いた際に素足が見えてしまうと、はしたない印象を与えてしまいかねません。ブーツはロング丈やミディアム丈がおすすめです。

フォーマルシーンでは避ける

先ほども述べていますが、フォーマルなシーンでは草履と振袖の組み合わせが一般的です。そのため、フォーマルなシーンで履くのであればブーツは避けるようにしましょう。

 

ハイカラな雰囲気がおしゃれと人気の、振袖×ブーツの組み合わせについてお伝えしました。着用する機会が少ない振袖だからこそ、足元にもこだわりたいですね。おしゃれなブーツを見つけて、個性的な振袖スタイルを叶えてくださいね。

【福岡】振袖レンタル業者ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名キモノハーツ福岡きものやまと山田屋ふりそでアートにしむら
(きもの処にしむら)
きものKAGUYA
(田中屋)
特徴オリジナルの振袖や小物が豊富で、自分だけのコーディネートが叶うレンタルでも新品の振袖が着られる取り扱う振袖はすべて最高級品の「正絹」「日本きものシステム協同組合(JKS)」加盟店経済産業省の認可を受けている、数少ない企業
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧