【福岡】成人式で振袖・着物を着たい、レンタルをしたい方必見!口コミでも評判のレンタル業者を厳選しました!

振袖は正絹を選んで!ポリエステルとの違いを教えます!

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/07

振袖レンタルを着る時には幾つか注意点がありますが、特に重要視した方が良いのは生地がポリエステルか正絹かです。両者の違いを比較してみるならば正絹の方が割高になりますが、晴れ着としてより堅実なのは間違いなく正絹の方になります。そこで、今回両者の違いについて、ポイントを3つ程述べていく事とします。

正絹とポリエステルの違い その1

福岡に振袖レンタルのお店は多いですが、どのお店においても共通するポイントがあり、その1つが生地へのこだわりです。正絹かポリエステルかという点は必ずチェックしておかないといけません。

まず、ポリエステルについてですが、これは化学繊維であり、大量生産可能で耐久性に優れており、シワも出来難いというメリットがあります。振袖レンタルの値段は、福岡も含めて全国でおおよそ20万円前後であり、安い物については4万円~5万円程度の計算になりますが、安い場合は大抵がポリエステルで作られています。

対して正絹で出来た振袖は、高級品扱いになります。絹100%という事でもあり、肌触りが滑らかで、通気性と保湿に優れているメリットがあります。値段が高くなるのは蚕の繭から作る為に1度に大量に作る事が出来ないからですが、晴れ着という本来の意味を考える場合は、正絹で出来た物の方が正統であるとも言えます。

また、値段が高い物と安い物との違いは、柄も関係しており、ポリエステル製の場合はインクジェット生産されることが多いです。中には絞り加工風のプリント柄も存在しますが、近距離で見た際にデコボコしていないので見分けは簡単です。

高い物は手書きの物や絞り加工の物で、職人の専門技術を要するので更に割高となります。特に総絞りにした場合は、職人が1年以上かけて製作するので、購入した場合は100万円を超える事も珍しくありません。こういったポイントも生地の違いと同時に押えておく事をお勧めします。

正絹とポリエステルの違い その2

正絹で出来た振袖はとても着心地が良いですが、その理由は絹が人間の肌と同じタンパク質で出来ている事にあります。保湿性や吸水性に関しても、綿素材と比較した場合は約1.5倍もの差がありますし、季節による気温の変化があっても、問題無く肌に馴染んでくれるというメリットがあります。

昨今特有の問題として、化学物質にアレルギーがあるという人であってもタンパク質由来であるのならば、心配の必要が無い事もメリットと言えます。対してポリエステルですが、日常的に出回っている衣服にも多用されていますので、管理のしやすさという点ではメリットがあります。

汚れたとしても気軽に洗濯する事も出来ますし値段も手頃なのですが、正絹と比較してみると、体の線にしっかり沿ってくれずゴワゴワした着心地になってしまうデメリットがあります。絹100%の場合は体に沿う分だけ着崩れの問題も最小限になりますが、ポリエステルの場合はその問題も大きく見積もる必要が出ます。

後は品物毎の差もあり、一概には言えない面もありますが、ポリエステル製の物になると、どうしても安っぽさや、生地自体のペラペラ感が付きまとってしまうという様な声も少なくありません。静電気の問題に関しては絹でしたら帯電の心配はありませんが、ポリエステルは季節によっては、かなり帯電するケースがある事も押えておきたいポイントです。

正絹とポリエステルの違い その3

振袖を着て行く場面は、基本的に人生の門出とも言える様な大きいイベントである事が多い物です。一定の礼儀であったり、体験する機会が欲しいという様な場面であったり、もしくは、値段の面であったり、気に入ったか否か等の点でポリエステルの方を選ぶというのも選択肢ですが、思い入れが強い集まりであるのでしたら、やはり正絹の方に一日の長があります。

正絹最大のデメリットは、管理の難しさにあり、雨天の場合等には注意していないとシミが出来てしまう事も珍しくありません。タンパク質で出来ているので、藍染めの布等防虫効果がしっかりした品物で包んで保管しなければ、害虫が湧いてしまう心配もあります。

何らかの事故で汚れてしまった場合も、洗濯機で丸洗いは出来ないので、ドライクリーニングに出す等、気を使う場面が沢山出て来ます。

この辺りの問題は福岡のどのお店でもレンタルする際に振袖の着方としてある程度聞いておいた方が、借りた後に起きるトラブル回避になるでしょう。少なくともレンタルでしたら、一時的に借りているだけですので、デメリット面のほとんどは消失します。

あるいは急な雨や飲食時の事故等、参加する行事によって幾つか要注意な場面もありますが、それでも特に大きいウエイトを占める保管面の心配が無いというのでしたら、やはり正絹を選んだ方がお祝いの意味も兼ねて、適切と言えます。その上で柄等のこだわりを可能な範囲で追及してみるというのも1つの選択肢です。

 

肌ざわりが良く、保湿性吸水性に優れ着崩れし難い上に、見た目もとても美しいという点で正絹の方がポリエステルよりも勝っています。静電気が起き難いという点も、大きいメリットと言えます。

管理や保管のしやすさという点ではポリエステルに軍配が上がりますが、レンタルでしたら、その心配もほぼ消失しますので、人生の門出を祝う振袖を見繕う場合には、絹100%を前提にして探索してみる事をお勧めします。

【福岡】振袖レンタル業者ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名キモノハーツきものやまと山田屋ふりそでアートにしむら
(きもの処にしむら)
きものKAGUYA
(田中屋)
特徴オリジナルの振袖や小物が豊富で、自分だけのコーディネートが叶うレンタルでも新品の振袖が着られる取り扱う振袖はすべて最高級品の「正絹」「日本きものシステム協同組合(JKS)」加盟店経済産業省の認可を受けている、数少ない企業
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧